Menu
検索

株式会社 エレックス極東

HOME > 事業紹介 > 電電気設備保全エンジニアリング事業気保安管理事業 > 絶縁油分析試験 > 微量PCB含有検査サービス

微量PCB含有検査サービス

精密なPCB分析が可能、
適切な処理方法を導き出します

PCB特措法により微量PCB廃棄物を保管する事業者は、
2027年3月31日までに処分する事が義務付けられています。

PCB濃度により高濃度PCB廃棄物と低濃度PCB廃棄物に分類され、それぞれ処分期間が定められています。

高濃度PCBの処理期限

既に高濃度PCBの処分が終了しているエリアもあります。処分期間をご確認いただき、早めの処分をお願いします。

PCB処理期限

PCB含有機器の処理方法

絶縁油を使用している機器を処理する場合には微量PCBの含有調査が必要です。当社の熟練の技術者により変圧器や遮断器だけでなく採油の困難なコンデンサも安全に絶縁油の採油が可能です。ご不明な点がございましたら、営業担当者までご連絡ください。

PCB含有の判定基準

PCB濃度 対応方法
0.5ppm以下 産業廃棄物として処理することができます。
0.5ppm超過~5000ppm以下 PCB無害化処理認定施又は
許可施設で処分
0.5ppm超過 高濃度の場合、JESCOにて処理

当社PCB分析の特徴

最新設備による前処理と高性能な分析装置で
精度の高い分析が可能です。

●簡易定量法 加熱固相カラム前処理法(PCB分析前処理装置)

使用器機:三浦工業社製 SZ-PCB-PT010

環境省廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課の[絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定法マニュアル(第3版)]に採用された高性能で高効率な前処理法を自動化した装置で、過去には各自治体の補助金の対象にもなった分析方法です。
●ガスクロマトグラフ(質量分析装置)

使用器機:島津製作所社製 GCMS-QP2010

抽出したPCBの質量を測定する。GC/QMS法による質量分析測定を行うことによって精度の高い分析が可能。

PCB分析風景1

PCB分析風景2

使用中の低濃度PCB含有電気工作物の処理について

使用中の変圧器に含まれる絶縁油が微量のPCBで汚染されていることが判明した場合は、変圧器の構造、PCB濃度、絶縁油量等によっては、使用しながら浄化する「課電自然循環洗浄法」が適用できる場合があります。「微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順書」に従って処理した変圧器は所要の手続きを行うことでPCB含有電気工作物に該当しないものとなります。

課電自然循環洗浄が適用できるかは、お問い合わせフォームからご相談お願いいたします。